中国胡琴音楽古典譜 周小梅編集譜 - 二胡弦堂

 

中国胡琴音楽古典譜 周小梅編集譜


 古典学習者のための入門用練習譜です。

 現代二胡の教本は技術と伝統音楽の両方をバランスよく習得できるように作られているものがほとんどです。重い内容も負担になるので、学習者に適した内容になっています。西洋のメソッドを参考に進化しています。

 重い内容を求めている生徒には物足りないものです。現代の中国の練習譜は最終的に西洋化に向かっておりますので、そのために必要な素養で満足されるようになっています。なぜなら、東洋に向かいたいのであれば板胡などに進めば良いからです。学習者がやりたい方向に進めるようになっています。二胡で蒋風之は重要とされていますが、現代のメソッドから蒋風之はかなり敷居が高いのでほとんど顧みられていません。あらゆることをやり尽くして最後に蒋風之、自分で理解するというものになっています。しかしこれを早い段階でやっていなければ伝統音楽はいつまでも理解できません。ここに東洋弦楽が凝縮されているからです。

 しかし初心者の段階から蒋風之は難しく、そのためにもっと早い段階から古典に触れておかねばなりませんが、現状では入口がありません。しかし一番古い最初期のメソッドが古典を教えており、現代の基準からも優れたものです。周小梅による編集、劉天華と共同のものです。有名なもので47の練習曲がありますが、これプラスその後です。蒋風之に入るまでの準備段階の技術と素養を扱うものです。

 問題は、劉天華の急逝で完全に整理されているようには見えないことです。民国期の文献などを整理して目処がついた頃に制作の予定です。蒋風之傳承譜は、蒋風之の結論というだけで作品自体は古典です。昔は練習曲で慣れましたら、蒋風之が傳承しているような作品にすぐに入っていました。

 周小梅編集譜は現代のメソッドと一見は似ていますが、目的が異なるので、両方履修が理想的ですが、学習者の志向でどうしてもどちらかに偏ります。二胡をやりたい向きは現代の教本で十分ですが、中国音楽をやりたいのであれば周小梅の方になります。